キャッシングの入会審査・利息・金利の簡単比較
カードローンのランキングはキャッシング2ちゃんねる






サイトマップ
HOME キャッシングとは 違法業者とは 借り方ガイド キャッシング用語 シュミレーション ■銀行系カードローンが多数参加!
■即日審査で簡単キャッシング!
トップページ ≫ 総量規制




  総量規制

「総量規制」とは、借り手の年収を基準とした借入枠を設定する制度で、多重債務や身の丈以上の債務を防止するのが目的です。

貸付契約には
「個人向け貸付け」「個人向け保証」「法人向け貸付け」「法人向け保証」の4種類があります。

上記の中で総量規制の対象になるのは
「個人向け貸付け」←ここがポイントとなります。

ただし、個人が事業用資金として借入れる場合は、原則として総量規制の対象外。消費者金融会社、事業者金融会社、クレジットカード会社、信販会社というノンバンクから借りるローンやキャッシングが対象です。

「総量規制」の主なポイントは、次のとおりです。

●罰則強化  ●行為規則の強化  ●指定信用情報機関制度  ●貸金業務取扱主任者資格試験  ●総量規制  
●出資法の上限金利引き下げ

利用者にとって重要なのは下記の2点となります。
(1)キャッシングなど無担保ローンは、年収の3分の1までが上限
(2)貸金業者1社からの借入額50万円超の場合、または複数の貸金業者からの借り入れ合計が100万円超の場合、年収等を証明する書類提出が必要となる

総量規制の導入にあたって「指定信用情報機関制度」が創設されます。これにより複数の貸金業者間で1人の顧客の借入情報が共有され、他社での借入残高が把握されるようになります。


  年収の3分の1まで

法改正を知らずにこれまで通りローンを当てにしていると、突然、審査が通らなくなってしまうこともあります。
無担保ローンは年収等の3分の1を超えた額を借りられなくなります。(貸金業者1社からではなく、複数社からの借入残高合計)

例として、年収390万円の人は、無担保のキャッシングやローンを130万円までしか借りられなくなります。

年収には、給与収入のほか不動産賃貸収入や株式の譲渡益、その他の収入も含まれ、年収については、配偶者の収入を合算することができます。ただし合算する場合は、自分の年収等を証明する書類の他に、夫婦関係を証明する書類(住民票など)、配偶者が借入を行うことに同意したことを証明する書類、配偶者の年収等を証明する書類が必要になります。

「年収の3分の1」が借り入れの上限なら、住宅ローンや自動車ローンのような高額の借り入れができない? と思うかもしれませんが
「総量規制」の対象にならない「除外の借り入れ」、例外的に返済能力を判断して借り入れができる「例外となる借り入れ」などがあります。また、総量規制は無担保のローンが対象です。

「例外」としては、例えば、年収390万円の枠いっぱいで130万円を借入れている人が、緊急に医療費としてさらに30万円借りたい場合、例外規定という形で借りられることがあります。他に、有価証券担保ローン、不動産担保ローン、売却予定不動産を売って返済できる借り入れなども例外。個人事業主が事業資金を借りる場合も、例外に当たります。

専業主婦(夫)の場合、一般的に「年収」はありませんから、完全施行後は1人では借り入れができません。そのため、借りる場合には配偶者の収入申告が必要となります。(世帯収入で判定)前述の配偶者収入を合算するケースと同様の書類が必要です。


  50万円を超える場合は給料明書などが必要

総量規制の大きなポイント(2)として、貸金業者1社からの借入額50万円超の場合、または複数の貸金業者からの借り入れ合計が100万円超の場合、年収等を証明する書類提出が必要となます。

年収等を証明する書類とは、源泉徴収票や所得証明書です。書類提出の理由は、貸金業者が利用者の年収を正確に把握するためや、法律の規制を超えた貸し付けを行わないようにするためです。

当然ですが、年収を正確に把握する目的以外に、その情報を利用することはありません。

配偶者と年収を合算する場合は、家計全体での借り入れが1業者で50万円超の場合、また複数の貸金業者からの家計全体の借り入れが100万円超の場合、というように読みかえます。


  銀行からの借り入れは対象外

「指定信用情報機関制度」で借入総額を把握
「指定信用情報機関制度」とは、利用者の返済能力を調査するため、貸金業者間で利用者情報を共有する制度です。

内閣総理大臣からの指定を受けた指定信用情報機関の間で、氏名・住所・生年月日・勤務先などの個人情報と、契約日・貸付金額・残高などの通常の利用状況を共有します。現在、業者間での情報共有は、多重債務情報、支払い遅延情報に限られています。

指定信用情報機関制度には、消費者金融系、ノンバンク系、流通系、メーカー系、銀行系ローン会社、信販・クレジットカード系の信用情報データーベースが参加します。銀行本体での借り入れは総量規制の対象ではありませんし、情報にも載りません。

  クレジットカードは?

クレジット払いの買い物は?
「クレジットカードのショッピング枠は対象?」という疑問が湧くかもしれません。クレジットカードのショッピング枠は、管轄が経済産業省で法律は割賦販売法。金融庁が管轄する貸金業法、総量規制の対象とはなりません。しかし、今後の動向など、解釈の違いから対象視される場合も可能性としてないとはいいきれません。








  目的別で比較
 ランキング
 低金利ローン
 スピード融資
 期間金利0%
 大手金融会社
 大型ローン
 レディースローン

  系統別で比較
 銀行系列
 信販系列
 金融系列
 IT企業系列
 メーカー系列

  情報 INDEX
ご利用の流れ
審査とは?
審査が甘い?
メリットとデメリット
ブラックリスト
返済方法の種類
金利利息の計算
延滞損害金
総量規制
消費者金融と闇金
ノンバンク
グレーゾーン金利
過払い金
詐欺の種類・手口
自己破産
債務整理とは?



   PR広告


 人気の大手キャッシン
 グが多数収録されてお
 り、比較に便利です。

 利息金利カードローン
 比較にお役立ちます








利用規約 / 会社概要 / サイトマップ / お問合せ / リンク集
Copyright(C) 2007 Cashing 2ch All Rights Reserved.
正規登録サイト